2008年04月26日

スペイン-6

『トレド』!
ここは、昔のスペインの首都だった場所です。
城を守るために堀に囲まれた街になっています。
まるで、絵画に出てくるようなとても雰囲気の良い街並。

ここは実際に通ってみると、街の中が迷路のようになっていて、
どこがどこだかわからない状況に、、、
その昔、敵に侵攻された時に相手を迷わせるため、
わざとこのような迷路状に複雑にしてあるらしいです。

R04.jpg

ここでは、カテドラル(大聖堂)へ。
このカテドラル、外の装飾もとてもきれいなのですが、
室内の装飾や彫刻、ステンドグラスがものすっごくきれいで、
今回観たカテドラルの中で、一番印象に残る場所でした。
室内の光のあたり方なども、とても計算されていて、
窓から取り入れた光が、ある時間になると、
メイン彫刻の背後から差し込むようになっていて、ビックリ!
宝物館に飾られている品々や、エル・グレコによって描かれた聖人の肖像画などなど、
とてもすばらしい場所で感動でした!

R03.jpg


その後、サント・トメ教会という町の小さな教会へ。
ここは、この教会の依頼でエル・グレコが描いた『オルガス伯の埋葬』という絵が、
何年か前に、カトリック教会が選んだ、
世界の3枚の傑作に選ばれたのを機に、
多数の人がその絵を観につめかける状況になったのだとか、、、
そのため、町の人々にミサが出来ない状況になり、
急遽、教会の中に壁をつくって、半分側でミサを行っているらしい。
この絵、たしかにすごく良かったです。
たった1枚しか飾られていない場所ですが、
入場料を払っても観る価値のある絵だと思いました。



午後はセゴビアへ。
ここは水道橋と、パリのディズニーランドの白雪姫城のモチーフになった
『アルカサル』を観ました。
このアルカサル、遠目で観るときれいな感じですが、
室内がとにかく寒かった〜〜〜。
石づくりで、室内に陽があまり差し込まないため、
ゆっくりと体が冷え込んでいき、
城を出る頃には体の芯まで冷えきってしまいました、、、

ここはイスラムのお城だったそうですが、室内は火事になってしまい、
修復でかなり手を入れたそうです。
ここは外壁などにはあまり装飾もなく、わりと淡白な感じなのですが、
天井だけは、ものすごい装飾的で凝っていました。
(つづく)

R0011647.jpg

R0011702.jpg

posted by Happy and Happy at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

スペイン-5

R0011597.jpg

そしてプラド美術館へ。
ここは入口でセキュリティチェックがあります。
このセキュリティチェックなめていました、、、

とりあえず、ポケットの中の鍵と携帯くらい出しておけば大丈夫だろうと
思っていたのですが、あえなくランプが点滅、、、
再度、ポケットのものをパラパラッと出して、通過してみるもまたまた点滅、、、
飛行機のセキュリティチェックは、余裕で通過していたものの、
まさか美術館でひっかかるとは!
「もう、わかったよわかったよ」ということで、
ぜ〜んぶカゴに入れて、ようやく無事通過。

名画の数々を現地ガイドの方の説明で、駆け足で見ていきます。
この現地ガイドの方の説明がとっ〜ても素晴らしく、
絵の面白さを感じながら観ることが出来ました。
ここでは、ベラスケス、ゴヤ、エルグレコという3人の名画を中心に鑑賞。
展示室を移動中にダリ、ミロ、ピカソなどが飾られていて、
みんなについていくふりをしながら、ササササッーと観ていきました。

2時間があっという間にたってしまい、
プラドを堪能するには時間が足りなさすぎる状況で残念、、、
「いずれまた来たいぞプラド!」と思いながら、美術館をあとに。

その後、スペイン広場へ行ったり、
バスから王宮を眺めたりの1日でした。

翌日は中世の街並が今も残っている「トレド」へ。
(つづく)

posted by Happy and Happy at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

スペイン-4

翌日はセビージャから新幹線『AVE』でマドリッドへ。
実はひそかに新幹線好きです。
子供の頃に新幹線がちょうど流行っていたので、
『新幹線=カッコ良い』という図式が完全に刻み込まれています。
なので、このスペインの新幹線に乗れるというのは、
かなり心くすぐられる移動手段でした。

この新幹線、時間にルーズなスペインの中で唯一時間に正確な乗り物とのことで、
5分遅れると乗客に運賃を全額払い戻すらしいです。スゴイ。。
日本の電車と違い、発車の『ピィ〜』という音や、アナウンスも一切なく、
何の前触れもなく、時間になるとドアが締まり、音もなくスッ〜と発車します。
走行中もちとても静かで快適な移動になりました。

R0011584.jpg

そして『アトーチャ駅』へ。
ここは駅の中に中庭があり、そこに植物をドーンッと植えています。
世界にはこんな駅もあるんだとびっくり。

R0011585.jpg

その後、バスでマドリッド市内へ。
『マドリッド白い!きれい!』というのが第一印象。
スペインの他の地域は、茶色っぽいというか、
そんな印象を受けていたのですが、
マドリッド市内に入ったとたん、白い建物が多く、
また建物の装飾もお洒落な印象を受けました。
通りに普通にデコラティブな建物がたっていたり、
日本では考えられない美しい街並に一気に感動しました。
旅行から帰ってきてもマドリッドの街並が忘れられない日々になりました。。

R0011594.jpg

そんな街並を通って、ガウディの次に楽しみにしていた、
ピカソの傑作『ゲルニカ』を観るため、ソフィア王妃美術館へ。
小学生の頃、教科書に載っていた『ゲルニカ』を、
まさか生で観る機会があるとは正直思っていなかったです。
原画を前に3回くらい鳥肌が立ちました。
やっぱりすごかったです。
これだけの多くの人を惹き付け、
時代を象徴する1枚の絵というものはこういうものかと感じました。

R0011587.jpg

残念ながら、ゆっくりといろいろと観る時間もなく、
その後、駆け足でプラド美術館へ。
(つづく)

posted by Happy and Happy at 18:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

スペイン-3

翌日は、断崖にある街『ロンダ』へ。
ここもミハスのように、小さくてかわいらしい街です。
ただ下を見下ろすと、本当に断崖。
すごい!
ここは谷底から組まれてある橋がとても印象的でした。
スペイン最古の闘牛場もあり、闘牛の街でもあるそうです。

R0011495.jpg

R0011506.jpg


午後はセビージャのカテドラル(大聖堂)と、ヒラルダの塔へ。
ヒラルダの塔は、けっこう高い塔ですが、
スロープ状になっており、10分くらいで頂上まで登れました。
カテドラルは、建物の内部が、ものすごい細かな装飾と、
ステンドグラスで彩られていて、とてもきれいでした。

R0011527.jpg


夜は、フラメンコショーへ。
あんまりフラメンコに興味ないなぁ〜と思っていたのですが、
9人位のダンサーの中で、若い男性のダンサーが、
とてつもない足さばきでタップを踏んでいる姿に見入ってしまいました!
ソロで15分くらい踊っていたと思うのですが、
もう本当にすばらしかった!
ごめんなさい。フラメンコをなめていました、、、
フラメンコすばらしいです。
(つづく)

R0011576.jpg


posted by Happy and Happy at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

スペイン-2

さあ翌日はイスラムの雰囲気が残っているアルハンブラ宮殿へ。
庭園というか中庭というか、かな〜り広いところです。
ここはスペインの中でもチケットが入手しづらいらしく、観光名所のようです。
庭園を散策した後、ようやくメインの宮殿へ。
とてもきれいなところなのですが、もう建物への装飾がすごすぎます!
その凝り様は尋常じゃないっ!
もう柱やら、壁やら、すべてイスラムチックな文様がび〜〜〜〜〜しりっ。
しかも天井までものすごいことになっています。。
その上、透かし彫りって技術を使っているらしく、
ところどころ光が半透明で差し込んだりしていて、スゴイ!スゴすぎる。

当時の贅の限りを尽くした感じがそのままに残っていて、
あまりの非日常感と、文様のすごさにクラクラしてきました。

R0011403.jpg

R0011387.jpg

R0011420.jpg


その後、白い街並が並ぶミハスという街へ。
ここはガラッと変わって、シンプルでこじんまりとしたお洒落な街でした。
このシンプルさに、ちょっとホッとしました。。
ここはデジカメのコマーシャルにも使われた有名な場所らしいです。
(つづく)

R0011438.jpg


posted by Happy and Happy at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

スペイン-1

3月下旬から4月上旬にかけて、スペインに行ってきました。
恥ずかしながら『初・海外』です。
当然英語も出来ないので、添乗員付きのツアーに混ざって、
苦手な団体行動でスペインを一回りしてきました。(笑)

ガウディの『サグラダファミリア』を観てみたいなとずっと思っていたので、
それを実現しに、いざスペインへ!

ヨーロッパは移動時間が長くて乗り継ぎの合わせて16時間くらいかかりました。
飛行機でほとんど寝なかったため、ホテルに着いた頃はもうフラフラに。(笑)

翌日、まずはガウディの建築したマンション『カサ・ミラ』へ。
『おぉ、すげー!これがガウディのデザインか』と興奮さめやらぬまま、
いざ『サグラダファミリア』へ。
やっぱりすごい。圧倒的な存在感がありました。
1日ずっとここにいたかったのですが、1時間しか観ることができず、
満足いくほど観ることは出来ずに残念・・・
日本では二十数年後に完成するなどとも言われておりますが、
実際にはスペイン人の気質を考えると、あと何十年かかるかわからないそうです。。

R0002.jpg

R0011273.jpg



その後、岩山に立つモンセラットの修道院へ。
ここの修道院がこれまたすごく良かったです。
外からだとわからないのですが、教会の中はとても美しくてきれいな所でした。
当然ながら教会の中は撮影ができないのが残念・・・
(つづく)

R0011320.jpg

R0011318.jpg

R0011307.jpg
posted by Happy and Happy at 22:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。