2008年12月31日

大晦日

とうとう来ました大晦日。
今年は掃除もほぼ終わってるし、年賀状もすでに出しているし、
髪の毛も切ったし、かなり準備万端な状態で今日を迎えられています。

夕方は、ここ数年の恒例「年越しそば」を食べに行ってきます。
ここのお蕎麦屋さんが旨いんだぁ〜。
ちなみに僕はソバ好きです。(ソバ通ではなくて、単なるソバ好きね。)
今日は何ソバにしようか楽しみ。。

それでは、どうぞ良いお年を!
posted by Happy and Happy at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

けっこう快調

パブロンのおかげで、かなり快調!
昨日は鼻水は完全に止まったもののちょっと体調不良な感じでしたが、
今日はほぼ普通の状態。。
やった!
いい感じです。

おととい、発注していた年賀状の印刷が届きました。
印刷の状態も良く、スミがこってりとしていて、
こちらもイイ感じ。
(でも年賀状仕上げるのは、きっとギリギリになると思うけど、、、)

それでは良い週末を!
posted by Happy and Happy at 20:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

とまらない

今日は1日、鼻水とくしゃみが止まらない・・・。
おまけに涙目状態。頭の中がグシャグシャになっています。
昨日から、ちょっと変な感じがあったんですが、
どうやら風邪ひいたかも・・・

12月もあっという間に、もう10日。
年末ということで、さすがにいろいろバタバタしています。
仕事以外にもやっておかないといけないことも、
あれやこれやと気ぜわしい感じです。

パブロン飲んでがんばるです。
posted by Happy and Happy at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

またまたTender

先日、Tenderを使ってくださっているデザインにまたまた出会いました。
JUJUさんというミュージシャンの方のジャケットデザインです。
Tenderにまた会えて、かなりうれしいです。
こうやって使ってもらえるのは、ホントにありがたいですね。

今年はフォントづくりを5書体、進めています。
2書体まではとりあえず完成したのですが、
後の3書体は微調整の作業が残っていたり、
Fontographerへの置き換え作業が残っていたりと、
まだ時間がかかりそうで、年内完成は難しいかな???

ちなみに、こんなところでもフォントが使われております。
小さな欧文書体が、VIBE WHITE BOLDです。

posted by Happy and Happy at 21:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧デザイン

これまた最近(?)のブックデザインで、
生活に溶け込む北欧デザイン」(誠文堂新光社)という本を
やらせていただきました。

北欧のプロダクトデザイナーと、商品を制作しているメーカーなどの情報が
盛りだくさんで紹介されています。
北欧デザインやプロダクトデザインを知りたい方には、
入門書的な本ではないかなぁと思います。

僕は数年前から、北欧のデザイン全般に惹かれるものがあったのですが、
プロダクトデザインについては、まったく知識もなく、
これまで関心も薄かったのですが、この仕事をやらせていただく中で、
「プロダクトデザインって、面白いなぁ!」と、
その魅力にどんどん引き込まれていきました。

中でも誰もが知っている有名なソファや、チェアなどの数々が、
実は北欧でデザインされているものが、かなりあるんですね!
「あっ、このイスって北欧で生まれたものだったんだ!」と、
思いっきり素人目線で、楽しみながら仕事してしまいました。
興味がある方は、ぜひ。。


h.jpg


222.jpg


100.jpg
posted by Happy and Happy at 21:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近?

最近(って言ってもだいぶ経ったけど、、、)こんな仕事をさせて頂きました。
ひとつは、「バカ親は私でした?!」(文化出版局)というブックデザイン。
数年前から、過保護が行き過ぎて、スゴイことになっているらしいですね・・・。
親ばかを通り越して、バカ親になってしまっている方もいらっしゃるようで、、、
この本は実際に子育てまっただ中の著者の体験と、
4人の著名人の方々に子育ての秘訣を取材し、まとめられた本です。

イラストは、「いのうえさきこ」さん。
各章のトビラに、いのうえさんの4コマ漫画も描かれています。
この仕事で印象的だったのが、「マンガの原画!」
ラフは、本当にササッと描かれたように見えるものだったのですが、
OKが出て、本チャン用のいわゆる墨入れされた原画を見たら、
ビッシッーと気の入った線で描かれていて、ものすごい迫力なんです。
漫画を描く方の原画ってはじめて見ましたが、
ものスゴイですね〜。
原画から気迫を感じて、ビックリしました。
印刷物になってしまうと、どうしても「生」の鋭さみたいなものが
出ないのが残念です、、、

カバーはいくつか案を出した中で、
タイトルにインパクトを持たせた、
こんなデザインになりました。

ob.jpg
posted by Happy and Happy at 20:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。