2010年02月28日

「きれいな欧文書体とデザイン」ちょっとだけメイキング-5

今日は、先日アップした画像についての説明です。

今回は、クラシカルな書体の本ということで、
編集者Yさんから打ち合わせの中で、
「線を手書きにしてみたら、どうですか?」とのアイデアが。。

パッと見ただけではわからないけれど、細部にアナログ感を出したら、
内容とリンクして面白いのでは? との話になりました。

「あぁ〜なるほどね〜」となり、
じゃあ、クラシカルな筆記具の「万年筆」でやってみましょう!
ということになりました。

通常はデザイナーの場合、
精密な線を書くためには「ロットリング」や「カラス口(カラスぐち)」という
製図を書くための特殊な筆記具を用いることが多いのですが、
それでは面白くないので、あえて「万年筆」を使ってみました。
そんな流れで、以前このブログにもアップした万年筆を購入したわけなんです。

実際、作業に入ってみると、さまざまな問題がありました。
まずは、「ロットリング」などのように、0.1ミリという極細の線が引けない、、、
そして、小回りがきかないため、円などの丸みのある線がかなり書きづらい、、、

どうしたものかと思いながら、いろいろ解決策を見つけて、
あの手書きの線が実現しています。

点線や、ロゴページのマス目なども全て手書きにしたのですが、
ここは印刷のアミ点で、ほとんどわからなくなってしまいました。。

僕はもともとコンピュータのフラットな線が好きなこともあり、
手書きにしてみたものの、やはりコンピュータの線にしようかと
かなり悩んだのですが、やって良かったなぁと感じる今日このごろです。

ほとんどわからないと思いますが、
少しやわらかさを感じる線になっています。

posted by Happy and Happy at 19:10| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

「きれいな欧文書体とデザイン」ちょっとだけメイキング-4

今日もホントにちょっとだけ。。


03.jpg


↑こんな 「●」 まるポチも手書きしています。

posted by Happy and Happy at 11:49| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

「きれいな欧文書体とデザイン」ちょっとだけメイキング-3

今日は、ホントにちょっとだけ。。


kireina_2.jpg


実は本書に出てくる「線」は、すべて手書きの線なんです。
よぉ〜〜〜く見ないとわからないのですが。。


posted by Happy and Happy at 11:54| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

再びありがとうございます。

以前、ブックデザインを担当させていただいた
売れるデザインのしくみ」の著者である
ウジトモコさんのブログ「使える『デザインセミナー』」で、
本を紹介してくださいました。

どうもありがとうございますー。

現在、twitterで「売れるデザインのしくみbot」なる画期的な試みも
行われていますよー。
おススメです。

posted by Happy and Happy at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「きれいな欧文書体とデザイン」ちょっとだけメイキング-2

昨日、今日とシステムのメンテナンスで、
このブログ、つながりませんでした、、、失礼しました。

今日のメイキングは、
「アートワークは、書体の特色を形にしてみました。」です。

今回、各書体を紹介するページに、
ちょっと遊び心をこめたアートワークを掲載しています。

Futuraでいえば ↓ なのです。


1-09.jpg


これらのコンセプトは、少しわかりづらいと思いますが、
実は基本的に、それぞれの書体の特色などを考えて制作しています。

例えば、Futuraという書体はご存知の方も多いと思いますが、
バウハウスという芸術運動の影響を強く受けた書体です。
そこで、アートワークも、バウハウスをイメージさせるような
デザインにしています。

他にもCenturyという書体は、それまでの職人による手彫りの活字から、
機械を使い、均一の活字書体を大量生産できるようになった書体です。
そのため、あのようなアートワークにしています。

そんな風に書体の背景などを、
チラッと盛り込みながら制作しています。

本を見てくださる時に、いろいろとご想像しながら、
アートワークも眺めていただけたら、うれしいです。


posted by Happy and Happy at 21:37| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

「きれいな欧文書体とデザイン」ちょっとだけメイキング-1

これから、このブログでちょっとだけ、
新刊本のメイキングや内容を紹介していきたいと思います。

ということで、今回は、
「書体の並びは『年代順』にしています』です。

3章で紹介している書体の並び(構成)は、
当初、ABC順で構成していたのですが、
なんかしっくりこない、、、
で、ある時、年代順に並べてみると、これがすごくイイんです!

書体が制作された順に、文字のデザインを追っていけるため、
時代によっての文字の形の変化が、
とてもわかりやすくなっています。

「Futuraから、30年経ってHelveticaが生まれたのかぁー」と、
味わっていただけたら、うれしいです。

posted by Happy and Happy at 17:35| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまたありがとうございます。

フォントブログさんで、さっそく本を紹介してくださいました。
感激です。。

このブログ、ご存知な方も多いと思いますが、
文字に関するあらゆる情報を日本だけでなく、
世界からも集めて発信しています。

僕もちょくちょくチェックさせていただいています!
posted by Happy and Happy at 10:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

いよいよ

いよいよ明日から「きれいな欧文書体とデザイン」が発売になります。
と言っても、早いところでは、この週末からすでに並んでいるみたいですね。。
店頭で目にできるのが楽しみです。

ところで、オリンピックが盛り上がっていますねー。
特に男子フィギュアの高橋大輔選手の銅メダル、すごかったー。
とても感動的な演技でした。。

そんな中、いろんな意味で僕の目を釘付けにしたのが、
「ジョニー・ウィアー」選手。
最後のバラの冠は、すごかったー。
もう色々ひっくるめて応援したくなりました。
これから注目していきますー。

それと女子カーリング。面白いですねー。
4年前は盛り上がっているのは知っていたのですが、
どうしても興味が湧かずにスルー、、、
で、今回、たまたまチラッと見たら、
「あっ、こんなに頭脳戦なんだ!」とびっくり。。
この後、注目してチェックしたいと思います!

あとは、今週はいよいよ女子フィギュアですね。
今週は打ち合わせ三昧の毎日で、バタバタですが、
なんとかどこかでチェックしたいと思います!

ではでは、皆さんも良い一週間を。。


posted by Happy and Happy at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ありがとうございます

http://designwork-s.com/ さんで、早くも本を紹介してくださいました。
とってもうれしいです。
どうもありがとうございます。。

posted by Happy and Happy at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みほん

cover_214.jpg

一足早く見本誌が届きました!わーい。
表紙のクリーミーな黄色が良い感じに仕上り、とてもうれしいです。

印刷会社さんのおかげです。ありがとうございました!

この後、本納品を経て、来週頃から本屋さんへと並んでいきます。

今は、販促用のPOPを作成中です。

posted by Happy and Happy at 15:59| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ありがとうございますっ!!!

早くも、どなたか予約してくださったようで、
どうもありがとうございますっ!!!
うれしくてうれしくて、もう感激です。。

とりいそぎ、その方へお礼と感謝の気持ちを。。

posted by Happy and Happy at 13:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予約もはじまりました。

amazonでの予約が始まりました〜。

どうか皆様よろしくお願いします。。


まだ発売まで、細々とした準備も残っていて、
落ち着かない状況ですが、着々とやっていきます!

posted by Happy and Happy at 11:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊の中身

出版社さんのサイトでも新刊情報が掲載になりました。
今回は、話題のデザイン雑誌「QUOTATION」などの出版もされている
ビー・エヌ・エヌ新社さんからの発売になります。

コチラのページを見ていただくと、
「さすが出版社さんっ!」という感じで、
僕のブログよりも本の内容がすごくわかりやすいです。。



ということで、
今日は補足的に、本の目次と画像の一部を。。


1章は「欧文書体の基礎」と題して、
欧文書体の大枠と歴史をシンプルに、そして簡単にご紹介します。


2章は「欧文書体を使ったロゴづくり」で、
ロゴ制作のための、11のテクニックを紹介。


3章は「名作書体の特色とアレンジ」で、
「Garamond」や「Futura」等々、名作書体をそれぞれ簡単に解説。
また、各書体の特徴的な文字が一目でわかるようにしています。
さらに、それぞれの書体を使ったロゴづくりのテクニックや、
アートワークも掲載しました。


4章は「響き合う書体たち」。
ここはオマケ的なページで、3章で紹介した書体と関連性の強い書体を、
ちょっとだけ紹介しています。



で、下記の画像は、
3章から「Futura」のページをチョイスしています。


1-06.jpg

1-07.jpg

1-08.jpg

1-09.jpg



明日は、印刷の立ち会いです!

posted by Happy and Happy at 11:44| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

つづきのつづき

今日は短めに。。(笑)


cover.jpg


こんな黄色い表紙の本になります。

posted by Happy and Happy at 23:10| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

本のことのつづき

ということで、昨日のつづきです。

今回、本をつくるにあたり、まず考えたのが、
実際に日本のデザインの現場で、
欧文書体の知識は、どのくらいまで知っておくべきなんだろう? 
ということでした。

例えば、一見同じように見える「セリフ書体」
(日本語でいえば明朝体のような書体)の中にも、
さらに数種類に及ぶ細分化されたカテゴリーが存在しています。

でも、こういうことって、
まぁまぁ知っていれば良いことだと思うんです。
(ちょっと乱暴な考え方かもしれませんけど、、、)

また、欧文書体のルールや使い方については、
小林章さんの「欧文書体」という素晴らしい本があります。

そこで、僕がやりたかったのは、
自分のこれまでの経験を生かし、
実際の日本のデザインの現場で必要としていることに
絞りたいと思いました。

まずは「デザインの入口」に立たれている方に、
シンプルに、そして簡単に「欧文書体の大枠」を理解してもらえ、
さらに実際のデザインの現場で必要とされることの多い、
「ロゴの作り方」のテクニックなどを紹介したいと思いました。

ロゴって、作り方のコツさえわかれば、
格段に上達します!

僕も学生の頃は、自分がロゴをつくるなんて思ってもいなかったんです。
今は、ロゴづくりは楽しくてしょうがないのですが、
それはコツをつかんで、
自分なりに応用できるようになったからなんです。

そういった、ロゴづくりのコツというか、
基礎的なテクニックも、この本で伝えられたらと思っているんです。

ただ、クラシカルな欧文書体って、
すでに高い完成度を誇っているので、
書体好きな方には、文字をそんな風に壊すな!と
怒られてしまうかもしれませんが、、、(苦笑)

(またまた長くなったので、後日につづきます)


posted by Happy and Happy at 22:37| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

ツイッター?

ツイッターをはじめてみましたが、
まだぜんぜん使い方がわからない、、、

挫折するかもしれませんが、一応アドレスです。
http://twitter.com/happpyandhappy

posted by Happy and Happy at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本のこと

あたらしい本が、ようやく最終段階を迎えました。
後は、印刷立ち会いを残すのみとなりました。。

で、本のタイトルは、『きれいな欧文書体とデザイン』。

サブタイトルに、“名作書体の特色とロゴづくり”という言葉がつきます。

内容的には、前回のデザインフォント系ではなく、
クラシカルな名作書体の面白さを、
お伝えしたいと思い、つくった本です。

僕が20代前半の頃には、欧文書体について勉強しようと思うと、
モノクロ1色で、しかも難しい文章と図版、
さらに聞いたこともない専門用語が立ち並ぶような本が多く、
この難解さの前に、僕の好奇心はあっという間にしぼんでしまいました。

それと同時に、20代前半の自分には、
古典的な欧文書体はどこか閉塞感があり、
その魅力や面白さを感じることができませんでした。

それから、十数年が経ち、
このブログにも掲載したスペインの古い教会などを見たことがきっかけとなり、
伝統的なクラシカルなものって、面白いかもなぁと思ったのがきっかけで、
欧文書体を勉強してみることにしたのです。

すると、面白いけど、やっぱり難しい、、、

ということで、ならば、自分のような初心者が、
「見てわかる」欧文書体の本があったらいいのになぁと思ったわけなんです。

そして、1年以上、コツコツコツコツと、
試行錯誤を重ねてつくったのが、今回の本なんです。

ちょっと長くなるので、今日はこのへんで。。
(次回は内容について、もう少し紹介します。)

posted by Happy and Happy at 20:02| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。