2010年03月01日

「きれいな欧文書体とデザイン」 ちょっとだけメイキング-6

今日は、「ノンブルも遊んでみました。」です。

すでに本を購入してくださった方は、お気づきかもしれませんが、
3章の「各書体を紹介しているページ」は、
ノンブル(ページ数を表す数字)も、その書体を使っています。

通常、本のデザインであれば、
すべてのノンブルをひとつの書体で通すのが、あたりまえなのですが、
今回の本は、いろいろな書体を紹介する内容を踏まえて、
こんなところにちょっとした遊びを入れてみました。


bodoni_1.jpg

たとえば ↑ 「Bodoni」のページは、このようにノンブルも「Bodoni」を。


helvetica.jpg

「Helvetica」のページは、ノンブルも「Helvetica」を使っています。


「ノンブルにこの書体を使うと、こんな感じになるのかぁ」と見ていただけたら、
うれしいです。。


posted by Happy and Happy at 20:55| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。