2010年03月05日

「きれいな欧文書体とデザイン」 ちょっとだけメイキング-8

「関係者の皆さん、ご迷惑をおかけしました、、、」(後編)です。

銀や金の箔には、鏡のようにピカピカと反射するタイプと、
マットと言われる少しテカりを押さえたタイプのものがあるんです。

「せっかく校正を取るなら、いろいろ見てみたいな〜」なんて、
欲張りな気持ちを起こしまして、、、


ということで、
やりました! いやいや、やってもらっちゃいましたー。。
マットの銀箔!!

m1.jpg

m-1-2.jpg




いや〜、このくらいで終わっていれば、まだかわいいもんなんですが、
さらに僕はやっちまいます、、、




「マットの金箔も見てみたいな〜」なんて、欲張りな僕がいるわけで、
マットの金箔ですっ!!

m2.jpg

m-2-2.jpg




いやいや、ここまで来たら、もうやります。やりきりますよー。
マットの金箔『色違い』バージョン!!


m3.jpg

m-3-2.jpg


校正が上がった時には、もう感激です!
どれも素晴らしい仕上りで、大喜び!!
ひとつひとつ検証して、どれで行こうか編集者Yさんと検討です。

最終的に、光沢のある銀の箔と、金の箔が決勝戦に!
「う〜ん、どっちも良いなぁ、悩むなぁ」なんて考えていると、
Yさんが本屋で置かれている状況を想定して、
少し遠目に並べてくれました。

するとYさん「見えない、、、タイトルが見えませんね、、、」と。
えっ!?「ひ、光の加減じゃないですか? 反射するから」と僕。

Yさんの位置に立って見ると「確かに見えない、、、」。



でもね、ここで簡単にあきらめるわけにいかないわけですよ〜。

で、僕は、いろいろな場所に置いて確認していくわけです。
もうあがきましたよ。どっか見えるところに置いて、
なんとか説得しなくちゃ、、、と。

でも見えない、、、ことごとく見えないんです。
手元で見ている分には良いのですが、1メートルくらい離れると、
光の反射で、バックの黄色となじんでしまうため、
9割方の確率で見えないんです、、、



実は箔をやる段階で、このことはある程度は予想していたんです。
でも、どれか使えるだろうと考えていましたが、
それが全滅です、、、
完全に撃沈です、、、



ということで、泣く泣く軌道修正が必要になりました。
というよりも、軌道を元に戻すことになりました。

実は早い段階から、
現在のチャコールグレーのタイトル案というのは、すでにあったんです。
華やかに金箔や銀箔をするよりも、
シンプルにタイトルを見せたほうが良いという意見も以前からあったのですが、
まぁ、デザイナーですから、いろいろ欲ばりまして。。

ということで、グルッ〜と遠回りしてできたのが、
今のタイトル部分なんです。


関係者の皆さまには、本当にご迷惑をおかけしました。。
posted by Happy and Happy at 22:04| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。