2010年04月17日

「きれいな欧文書体とデザイン」 ちょっとだけメイキング-15

さて、今回は「混植書体はどうしよう?」です。

日本語書体は決まったけれど、文字組の中に一緒に使う、
欧文や数字書体に悩み始めます。

というのは、この「本明朝Book」という書体は、
混植用につくられた専用の欧文書体がすでに揃っているからなんです。
それがこちら↓

00012234.jpg

どれも、本明朝とのバランスを考えてつくられているため、
混植で使用すると、非常に整った雰囲気が出ます。

しかし、どうも自分の求めている雰囲気にしっくりこない、、、という問題が。

通常の仕事で使う場合には、この書体の場合、専用の欧文を使ったほうが
文字の「黒み(太さ)」も揃って、確かに美しい文字組になります。
ただ、今回は欧文書体の本ということで、もともと別々の書体だったものが、
完璧なまでにきちんと揃いすぎているということが、
どうしてもしっくりきませんでした。

そのため、この本に限っては、欧文は「本明朝」に頼らず、
他の組み合わせにしようと決めました。

最終的に、最もスタンダードともいうべき「Adobe Garamond」を105%に拡大して、
組み合わせたのが、現在の本文組です。

00012235.jpg

(↑「Adobe Garamond(105%)」と「Ro Garamond-Book」。
「Ro Garamond-Book」のほうが、小文字の天地が高く、
はっきりとした印象になっています。)


書籍の組版を見ていただくと、日本語に比べて、
欧文の「黒み」が若干強くなっていますが、
これも意図した味わいだと感じて頂けたらうれしいです。

posted by Happy and Happy at 12:43| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。