2010年04月29日

「きれいな欧文書体とデザイン」 ちょっとだけメイキング-17

この「ちょっとだけメイキング」。
いつの間にか「しっかりメイキング」になり、
しかも気がつけば、20回が見えてきてしまいました。

記憶も薄れかけている今日この頃なので、
19回か20回でひと区切りを目指したいと思います。

ということで、今回は「ロゴ」のページについてです。


この本、それぞれの書体を使ったロゴづくりのノウハウも掲載しているのですが、
これが、なかなか難しかったのです、、、

まずは「ロゴ」というもの自体、僕自身も思い入れがありますので、
「コンセプトが込められていないものは、ロゴではない」くらいの思いが
ひそかにあります。

ですので、ロゴのサンプルをつくることに、早々に行き詰まります、、、

というのは、ある言葉をロゴとして表現しようとすると、
目の前にある「Garamond」や「Helvetica」ではなく、
他の書体のほうが、ふさわしいのではないかと考えてしまいました。
さらに、その言葉には「コンセプト」がないのです。

通常のロゴの仕事であれば、クライアントの考えや、
未来像など表現しなくてはいけないコンセプトが必ずあります。

しかし、この本はそういった「コンセプト」を表現するものではなく、
それぞれの書体の特色や、使い方のコツを知ってもらい、
書体の新たな魅力を感じてもらうことを目標としている本です。
ロゴについて言えば、あくまで「テクニック」を知ってもらうものです。

と、頭の中では理解できても、
実際のデザインがまったくできない状況に陥ってしまいました。
そこで、編集者Yさんに相談。

最終的にYさんが考えてくれたのが、
「それぞれの書体が生まれた国を象徴する単語にしてみませんか?」
ということでした。

フランスの書体には、トリコロールやアモーレ(愛)
イギリスの書体には、ガーデンやティー(お茶)
イタリアの書体には、パスタ。
アメリカの書体には、カウボーイやハリウッド などなど


あぁ〜なるほど!
それなら、目の前の書体との関連性も確実にあり、
なんとかなりそうだ!ということになりました。

そんな流れから、ロゴページに掲載している単語は、
Yさん考案のそれぞれの国に関連性のある言葉がチョイスされています。

posted by Happy and Happy at 23:04| メイキング「きれいな欧文書体とデザイン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。