2011年09月30日

◯×にも、遊び心を

今回の本のデザインは、当初はわりと真面目な雰囲気で進めていました。
しかし、カバー案を作成する際に、ふと考え直しました。

この本は、内容的にも若い方々に軽くサラッと見てもらえる、
手に取りやすく、読みやすいものにしたいと。

そこで、本文のフォーマットも、
真面目になりすぎないよう、軽めのデザインにしました。
◯×も、普通の形ではつまらないので、
このような遊び心のあるものしています。


maru2.jpg

batsu.jpg



ちなみに、カバーの◯×は手書きにしています。
用紙のエンボスもあり、ほとんどわからないですが、、、


R0012446.jpg


ノンブル横にも、少し遊びを加えました。
「構成」の章では、レイアウトでモノを配置する際に欠かせない
矢印アイコンをちょこっと入れてみたり、
「文字」の章では、キーボード入力。
「配色」では、色変換。
「写真」では、カメラアイコン。

しかし、印刷会社の方から「なんかノンブルの横が変なことになっているけど、
このまま印刷進めちゃっていいんですか?」
と問い合わせが。。

「まぁ、当然だよな〜」と思いました。
普通の本なら、NGです。
「こんな所に変なことしないで」と出版社から止められちゃいます。
僕も、通常の本ならしないのですが、
今回は、レイアウトの本ということもあり、
あえて遊びを加えています。


ところで、お恥ずかしいことに誤植がありました。
P.150の「カーニング」は、正しくは「トラッキング」です。
初歩的な間違いで、たいへんお恥ずかしい、、、
どうかご容赦ください。


posted by Happy and Happy at 19:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。