2014年02月01日

トークイベントにお越し頂き、ありがとうございました。

先日は、青山ブックセンターさんでのトークイベントに、
たくさんの方にお越し頂きまして、どうもありがとうございました。

はじめてのことで、どうなるかと思っておりましたが、
無事に終えることができて、ホッといたしました。


トーク終了後も、多くの方から個別に質問がありましたが、
不慣れなため、うまくお答えできなかったものもあり、
後から、こう答えたら、もっとわかりやすかったかなと感じる所もありました。

そのため、いくつか補足になりますが、
質問があった中で、答えられる範囲で補足させて頂きます。

........................................................................

●「さくら◯◯」という商品で、“桜”というキーワードがはっきりとしている場合に、
同じ見え方になってしまうと悩んでいらした方。

自分だったら、桜をモチーフにしながらも、
見た目をできるだけ変える工夫を考えます。
まずは、書体。1案は明朝体でつくったら、後は手描き文字や、
個性的なデザイン書体、つくり文字、ゴシック体など、
フォントの変化をつけます。
(この時、書体の大きさも、できれば変化をつけるとよいと思います。
また、サブで入れた欧文も同様に変化があるとよいです)

さらに、色も1案は、パステル調のピンクを使ったら、
他の案は、同じピンクでも濃度を濃いめにしたり、
渋めの色、ピンク以外の色をセレクトします。
(例えば、全体のイメージは黄色だけど、
ワンポイントでピンクを入れることもよいと思います)

桜のモチーフ自体も、手描きのイラストや、パソコンで描いたもの、文様、線画など、
見え方の変化を考えるようにします。

このようにすることで、「キー」が決まっていながらも、
その中で、見た目の変化をつけることができると思います。

........................................................................

●学校の先生からの講評に悩んでいらした方。

その先生の作風や、考え方に共感しているのでしたら、
しっかりと受け止めて、どう改善したらよいのかを、
先生自身に訪ねて、解決策を導いて頂くとよいと思います。

もしも、そうでない場合は、自分が信頼する方に作品を見てもらって、
その意見を大切にされるとよいと思います。

デザインは、見る方によっても評価が大きく変わる面もありますので、
特定の一人だけの意見で、自信をなくされないほうがよいと思います。

........................................................................

●フリーパーパーの各号で、デザインのアクセントを変えることに悩んでいらした方。

どういうクセづけをすると効果的なのか、
どういう書体を使ったら、見た目の印象を変えることができるのかといったことを考えながら、
日頃から資料を集めておいてはいかがでしょうか。

例えば、デパートなどに行けば、化粧品から食品、家具など
様々なパンフレットが置いてありますし、
美術展や映画などに行けば、たくさんのチラシ類が置いてあります。
また、書店にいけば、デザイン関係の本だけでなく、
たくさんの印刷物を目にすることもできます。
僕の場合は、若い頃に外出すると、そういうものを見たり集めたりして、
自分にないものを吸収していきました。

小さいことを積み重ねる時期も大切なので、
いろいろなモノを目にして、頭の中にストックしていくことが大切だと思います。

........................................................................
質問の中で、後から特に気がかりに思ったものだけになりますが、
もし、ご参考になれば幸いです。
posted by Happy and Happy at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。